スマホで信用取引 - 1.信用取引とは? | スマートフォンで株
トップページ > スマホで信用取引 - 1.信用取引とは? >

1.信用取引とは?

 このコーナーでは、スマホで信用取引を始めたい方、基礎知識から口座の開設、取引の流れまで、順番に沿って解説していきます。

 信用取引は、怖くて危なそうだし、プロ向けの投資で敷居が高いというイメージがありますが、最近は昔に比べればだいぶ簡単に信用取引口座の開設ができるようになりました。しっかりとリスクを認識して、無理のない取引を一緒にしていきましょう!

そもそも信用取引ってなに?

 「信用取引」という言葉をはじめて聞く方もいらっしゃるかもしれませんので、大雑把にご説明いたします。

 通常、株式投資といわれるものは、自分の持っている投資額でしか株の売買ができません。これがお馴染みの現物株の売買です。

 一方、信用取引は、自分が用意している投資額よりも多い額で株の取引が可能となります。いわゆる「レバレッジ機能」、てこの原理とよく言われます。FXなども同じ原理です。

 なぜこのようなことが可能になるのか? それは、証券会社から投資資金を借りるためです。自分の持っている資金や株式を担保に、実際持っている資産よりもyより大きい額の取引ができるようになります。

 自分がどれくらいの額まで取引が出来るかを指すのが「委託保証金率(%)」で、この委託保証金率を使って求められた自分が売買できる額を「建玉可能額」といいます。

 各社証券会社によって、この委託保証金率にはバラつきがありますが、大体30%前後のようです。

 建玉可能額の例として、自己資金100万÷委託保証率33%=建玉可能額は約330万となります。100万しか持っていないのに、約300万円分の株取引が出来てしまうわけです。普段の現物株の売買に慣れてしまうと、ちょっと想像が出来ないですね。

「空売り」が可能になる信用取引の魅力

 なんといっても、信用取引の最大の魅力は、信用売り、いわゆる「空売り」ができるようになることがあげられます。信用取引に馴染みが無くても、名前だけでも聞いたことがある人が多いのではないでしょうか?

 これのすごいところは、なんと株価が下落しても利益が出せるところです。そのメカニズムはちょっと具体的な説明が必要ですが、詳しくは後日いたします。簡単にいうと、証券会社から株式を借りた上で売ってしまい、値が下がった時点で買い戻すというものです。

 ちょっと意味不明ですよね(笑) たとえば、A社の株価が現在100円だとします。この株式を証券会社から借りて、100株売ったとします。この時点で、投資家には10000円が手元にあります。借りたのですから、返さなくてはなりません。一週間後、A社の株価が90円になりました。さあ、証券会社に返すために100株を買い戻しました。かかった投資額は9000円。このとき、差額が1000円発生しますが、これは投資家のものになります。これが株価が下落して利益が上がるメカニズムです。

 実際には、手数料がかかったり、空売りができる銘柄が限定されたり、証券会社への返却期限があったりと、細かい規定が様々ありますが、とりあえず詳しい説明は割愛します。

さあ、信用取引をはじめてみますか?

 ながらくご説明しましたが、信用取引の魅力について触れることはできましたでしょうか? 現物取引よりも、しっかりとリスクを認識しないと損失を出す可能性がありますが、投資の幅を確実に広げることが可能です。

 さあ、勇気を持って信用取引の扉を開けていきましょう!





オススメ証券会社&スマホ株アプリ

楽天証券 - iSPEED

 ショッピングサイト「楽天」の子会社である楽天証券が提供する株アプリです! Androidではウィジェットツールが、iPhoneだとシェイクで株価が更新できるという便利な機能が搭載。しかもアプリ一つで出入金処理までこなす強力なスマホ株アプリです!

Androidをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら


iPhoneをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら

SBI証券 - HYPER 株アプリ

 ネット証券最大手のSBI証券が提供する株アプリです。株式投資ツールとして特化し、便利さ・使いやすさを追求しており、処理が早く、素早い動作も出来るので、ストレスなく使えます。純粋にスマホで株取引を楽しみたい方には絶好の株アプリです。

Androidをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら


iPhoneをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら

マネックス証券 - Monex Trader スマートフォン

 ネット専業証券会社で有名なマネックス証券が提供する株アプリ。利用者の使いやすさにこだわったカラフルで分かりやすいデザインと、メニューの充実さが特徴です。スマートフォンからガンガン株式投資をしたい方にぴったりの株アプリです。

Androidをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら


iPhoneをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら

ライブスター証券 - livestar S

 手数料ランキングで上位を獲得するほどの業界最安値水準の取引手数料!株取引にかかるコストを安く抑えたい方にはライブスター証券がおすすめです。株アプリも充実していますので、安心の手数料で株を始めたい方、短期・デイトレードの他にもオススメです!

Androidをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら


iPhoneをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら

むさし証券 - トレジャーネット

 現物取引手数料を2016年11月20日より引き下げ、業界最安値を実現しました。取引手数料のコストを優先して抑えたい方にむさし証券はオススメです。株アプリはありませんが、スマホのブラウザ取引により、機種やOSを問わず様々なデバイスで取引が可能です。

Androidをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
スマホサイトで取引可能です


iPhoneをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
スマホサイトで取引可能です

岡三オンライン証券 - 岡三株スマホ

 手数料の安さも驚きですが、みんかぶ証券ランキングで2013年上半期ツール部門1位を獲得したほど、株取引ツールに力を入れているネット証券会社です!もちろんAndroid・iPhone用の株アプリもそれぞれありますので、スマホで株取引をして実力をお試しください!

Androidをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら


iPhoneをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら

GMOクリック証券 - 株roid(iClick株)

 6大証券の新時代を築いた大手ネット証券のGMOクリック証券が提供する株roid(iClick株)は見やすくてシンプルなデザインと、株取引に必須な機能をより使いやすくスピーディにこなすことが出来る強力な株アプリです!株取引の初心者の方も安心して利用できますのでオススメです。

Androidをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら


iPhoneをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら

松井証券 - 株touch

 証券会社として歴史のある松井証券が提供する株アプリです。シンプルで使いやすさが特徴の株アプリです。株式の現物取引だけではなく、先物取引やOP取引も、これ一つでこなす優れもの! 株取引初心者の方はもちろんのこと、上級者の方もオススメです!

Androidをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら


iPhoneをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら

カブドットコム証券 - kabu smart

 三菱東京UFJ銀行の子会社であるカブドットコム証券が提供する株アプリです。現物取引だけではなく、投資信託やくりっく365など豊富な金融商品がアプリを通して取引が可能です。普段から投資の対象がたくさんある投資家の方にはオススメです!

Androidをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら


iPhoneをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら

エイチ・エス証券 - スマ株

 中堅ネット証券会社であるエイチ・エス証券が提供する株アプリ「スマ株」は、株取引に必要な機能や情報をしっかり取り揃えているのはもちろん、スマートなメニュー画面が特徴的です。そして株アプリの弱点だった入出金処理が、アプリ内から実行できる優れ物です。上級者の方にもおすすめな株アプリです。

Androidをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら


iPhoneをお使いの方
↓↓↓↓↓↓
ダウンロードはこちら


オススメチャートツール

チャート分析ソフト 増田足

 株取引での売買タイミングに悩んだら、思い切ってチャート分析ソフト「増田足」に頼ってみるのはいかがでしょうか? 売買ポイントが一目でわかりますので、スマホ株取引で結果を出したい方は、ぜひとも体験版でお試しください。実は、管理人も利用中です!